オーダーメイドのオリジナルジュエリーをハンドメイドで制作致します。

MAILE

ハワイアンジュエリーについて

ハワイアンジュエリーの起源を辿ると、ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニにたどり着きます。
当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、 19 世紀に、イギリスのアルバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。
リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO'OMANAO'MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。
これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、 それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになりました。
リリウオカラニが産んだハワイアンジュエリーは、今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイを包み込むマナが宿るモチーフを柄として刻み込み、想いを込めた文字を描き、 一生ものとして価値のあるジュエリーとして知られるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、代々伝わる宝・家宝という意味を持ちます。
祖母から母、母から娘へと代々受け継がれるもの、家族や恋人、友人など大切な人への愛情を表現するもの、 また、大切な記念日等の思い出をとどめるものとして、ハワイの人々の間で永く深く愛され続けているのです。

ハワイアンジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーについて

ハワイアンジュエリーの起源を辿ると、ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニにたどり着きます。
当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、 19 世紀に、イギリスのアルバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。
リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO'OMANAO'MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。
これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、 それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになりました。
リリウオカラニが産んだハワイアンジュエリーは、今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイを包み込むマナが宿るモチーフを柄として刻み込み、想いを込めた文字を描き、 一生ものとして価値のあるジュエリーとして知られるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、代々伝わる宝・家宝という意味を持ちます。
祖母から母、母から娘へと代々受け継がれるもの、家族や恋人、友人など大切な人への愛情を表現するもの、 また、大切な記念日等の思い出をとどめるものとして、ハワイの人々の間で永く深く愛され続けているのです。

その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになりました。

リリウオカラニが産んだハワイアンジュエリーは、今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイを包み込むマナが宿るモチーフを柄として刻み込み、想いを込めた文字を描き、一生ものとして価値のあるジュエリーとして知られるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、代々伝わる宝・家宝という意味を持ちます。

祖母から母、母から娘へと代々受け継がれるもの、家族や恋人、友人など大切な人への愛情を表現するもの、また、大切な記念日等の 思い出をとどめるものとして、ハワイの人々の間で永く深く愛され続けているのです。

モチーフの意味 幸福へ導くハワイの大自然のモチーフ

ハワイアンジュエリーのデザインには、様々なモチーフがあります。古くから受け継がれてきた伝統的なデザインには、ハワイの大自然をモチーフにしたものが多く表現されています。
彫りのモチーフには、特別な意味が込められているで、お守りとして身に着けたり、贈り物としても大変喜ばれています。
マイレで人気の高い、代表的なハワイアンジュエリーのモチーフをご紹介致します。

PRINCESS / プリンセス
“愛と未来への希望”

ハワイへの深い愛と優しい心を持ち、ハワイの希望の星と謳われたプリンセスカイウラニを象徴としたデザインです。幸せを招くと言われるスクロール(波)と大切な人や愛を意味するプルメリア、波を結ぶ葉のデザインは、愛と希望に満ちた未来へと導いてくれます。

HERITAGE / ヘリテージ
“永遠に受け継がれる想い”

ハワイアンジュエリーは代々受け継がれる家宝とされています。寄せては返す波は永遠の象徴とされ、波と葉が絶え間なく続くデザインは、ジュエリーに込めた想いが永遠に続くようにとの願いが込められています。

MAILE LEAF / マイレリーフ
“聖なる繋がり”

MAILE LEI / マイレレイ
“聖なる繋がり”

マイレの葉は、古来より神が宿る聖なる植物として大切にされており、マイレの葉を身に付けることで、神々からの祝福や愛が得られると言われています。双葉が仲良く寄り添って成長していく姿は、夫婦や家族の「絆」を象徴しています。

PILINA / ピリナ
“絆”

ピリナは、ハワイ語で”絆””繋がり”という意味があります。ふたつのリングを重ね合わせることで、神聖なマイレの葉のデザインが完成します。マイレの双葉が寄り添って成長していくように、寄り添い助け合うおふたりの絆が永遠に続きますように...という願いが込められています。

PLUMERIA LEI / プルメリアレイ
“一途な想い”

満月の夜明け、まだ朝霧に包まれたままのプルメリアの花を集めレイを作って好きな人に渡すことが出来れば、その恋は叶う...
プルメリアレイにはそんな言い伝えが残されています。凛とした美しさがあり、愛情や気品という花言葉を持つプルメリアのモチーフには、一途で純粋な想いが込められています。

LINO / リノ
“温かい心”

LINO SCROLL / リノスクロール
“永遠の輝き”

リノは、ハワイ語で”光り輝く”という意味があります。温かい太陽の光をリング一周に彫り込み、太陽のレイ「Leina La」を表現しています。思いあう二人をいつまでも温かく照らし続け、ジュエリーに込めた大切な想いが永遠に色褪せることなく輝き続ける力を与えてくれます。

PLUMERIA / PUA / HIBISCUS
プルメリア / プア / ハイビスカス

プルメリアの花には、女性の魅力を引き出す力があると言われています。また、ハワイでは、大切な人や恋人、子供を花に例えた歌がたくさんあります。大切な人の象徴としてジュエリーに刻みいつも近くに感じることが出来ます。

HONU / SEA TURTLE
ホヌ / シータートル

ホヌは、幸運を運んでくる”海の守り神”と言われ、ハワイでは神聖な生き物とされています。サーファーをサメから守ったという伝説があり、危険や災いから身を守るお守りとして、大変人気の高いモチーフです。

ページトップ