ハワイアンジュエリーの歴史

ALOHA

本日はハワイアンジュエリーの歴史をご紹介いたします

リリウオカラニ

ハワイアンジュエリーの起源を辿ると、ハワイ王朝最後の女王リリウオカラニにたどり着きます。

当時、イギリス王室との親交が深かったリリウオカラニは、 19 世紀にイギリスのアバート王子の死を悼み、追悼の意を込めてゴールドのバングルを作らせました。

リリウオカラニが生涯ずっと身に着けていたと言われるこのバングルには、 黒のエナメルで「HO’OMANAO’MAU( 永遠なる想い)」の文字が描かれていました。

これが、ハワイアンジュエリーの誕生とされています。

その後も女王は親交の深い友人へと、想いを込めた文字を刻んだバングルを贈りましたが、 それがきっかけで流行となり、今ではハワイの人々の間で、大切な人への贈り物に、想いを込めた文字を刻んで贈られるようになりました。

リリウオカラニが産んだハワイアンジュエリーは、今ではハワイを代表する文化の一つになっています。

ハワイを包み込むマナが宿るモチーフを柄として刻み込み、想を込めた文字を描き、 一生ものとして価値のあるジュエリーとして知られるようになりました。

ハワイアンジュエリーは、正式には「ハワイアン・エアルームジュエリー」と言い、代々伝わる宝・家宝という意味を持ちます。

祖母から母、母から娘へと代々受け継がれるもの、家族や恋人、友人など大切な人への愛情を表現するもの、 また、大切な記念日等の思い出をとどめるものとして、ハワイの人々の間で永く深く愛され続けてます。

想いを込めた大切な贈り物として…
幸福へと導いてくれるお守り代わりとして…
世界に一つだけの特別なハワイアンジュエリーをオーダーメイドでおつくりされてみてはいかがでしょうか

いつでもお気軽にマイレのスタッフにご相談くださいね★
ハワイのコナコーヒーをご用意して、スタッフ一同ご来店を心よりお待ちしております

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。